2007年8月9日木曜日

Tales Don't Tell Themselves-Funeral for a Friend

Into Oblivionという曲のPVみて良かったので、CDほしいなぁ~と思っててとうとう買ってしまった。HMVとかのレビューによるとこのCDはファンにはなんだかいまいち評価が低いらしいが、Into Oblivion(Reunion)は魅力にあふれてる。

どうやらCDに対するファンの評価が低いのは、スクリーモがなくなったのと激しさが減って地味になったのが原因みたい。前作はどんなんだったんだ?とってもメタル色が強いとのことなので前作も気になるところ。(不貞腐れた女子高生のような女の子の写真が使われたジャケットも気になる)

普段聞くのが結構激しいのが多いので、たまには爽やかっぽいのがええのうと購入したので激しさがあまりないことに関しては文句はない。ところどころパワフルなリフあってちょっとメタルな曲もはいってますがな。なによりボーカルの声が爽やか系でよい。漁師が海で遭難して戻ってくるまでを描いた?コンセプトアルバムになっているらしい。たしかに、それっぽいアートワーク。ラッシュとかドリームシアターの曲をたくさん聴いたらしいが、コンセプトアルバムにしたのはその影響?あまりプログレ色は感じないけど。

良かった曲は
Into Oblivion(Reunion)
All Hands on Deck part1
All Hands on Deck part2
Walk away
The sweetest wave
かな。
全体的に聴きやすいんだけど、聴きやすくてついつい流してしまう&似たような展開がちょくちょくあるので、昔のドリームシアター的な静と動のきれいな使い分け+変拍子があればなぁとか思いつつ。結構アタリなCDではあると思います。

2 コメント:

センセイ さんのコメント...

お、新しいアルバム出たんやね~。
オレは結構好きなので前のやつも持ってます。
女子高生のジャケのはおすすめです☆

hanky&panky さんのコメント...

このアルバムは5月に出たらしいですよ~。伸びやかな感じの曲が多くて車運転中とかに良いかもです。
好みなかんじのボーカルなんでオススメの前作も聴いて見ます☆☆