2008年8月20日水曜日

院試シーズン

研究室の院試打ち上げがあった。大学院入試はなんだかんだいって科目も多いし大変だ。自分が受けたのはもう何年も前のことだし、試験から離れて久しいなぁ。今回の場所は、千里阪急ホテルのプールサイドのビアガーデンだった。明らかに、同じく院試打ち上げのグループがもう一組いた。ビアガーデンでも場所がホテルだとなんかちょっと落ち着いた感じがする気がしていいかも。いいホテルのラウンジとかは重厚感としーんとした感じが結構好き。紅茶1杯1200円とかだからおいそれとは行けないけど。料理がラムのジンギスカンで、ラム肉結構好きなのでよかった。好き嫌い多いくせに結構くせある味のものも好きだったりする。

すげぇ嫌々やってた訂正もやっと一段落。家でやるとき、一時間やっては一時間本を読みてなペースで作業してたので、ずっと読もうとおもって放置してた「西の魔女が死んだ」と「鴨川ホルモー」を読んだ。西の魔女、良すぎ。あぁぁあのときこうしておけばていうマジ後悔(それから救われる瞬間の表現がいい)とか家庭内のすれ違いとか誰しも大なり小なりあるような内容なせいか、頭に残る部分がさらっとした文章なのに結構ある。映画化もされてるっぽくて興味あるけど見たら目から汗でそうでやだ。同じ作者の「村田エフェンディ滞土録」もいい。なんでこの作者あっさりした文章なのにこっちの弱いところを突いてくるかね。
「鴨川」は鹿男と同じ人で帯の文章から想像してよりずっとファンタジーした内容だった。さらーっと面白く読める娯楽な作品。鹿男同様ドラマとかにしたら面白いかもなぁ。

2 コメント:

Yumi さんのコメント...

西の魔女。
 ずいぶん前に読んでかなりお気に入りだったので映画も見に行きました。なかなか良かったですよ。まぁ小説のほうがラスト、スコンとはまる感はありましたが。

 ご存知かもしれませんが同じ作者の「家守綺譚」が素敵です。たぶんおそらく気に入るんじゃないかなぁと。比較的軽いお話なので気軽に読めますしね。

hanky&panky さんのコメント...

映画いったんだ。良いのか~やっぱりDVDでたら借りるかねぇ。
家守~は家にあるけどまだ読んでない本の一冊。短編集っぽいね。こんど出張にでももって行こうかな。ちょっとアヤカシなテイストがありそうなので期待してる。